2017/07/07 09:34



奈良公園の鹿を修学旅行で最初に見た時に、まさかその後鹿を研究するとは思いもしませんでしたが、 
それから約20年間、奈良の鹿は、天然記念物で野生動物ですが、どうも飼い馴らされているようで興味がわきませんでした。 

10年前に人生2回目の奈良公園に行った時、そもそも奈良公園の鹿は内陸部に生息しているのに塩分不足をどうやって満たすのか?疑問でした。  

一つは、奈良公園の鹿を管理している奈良の鹿愛護会が鉱塩を与えている可能性
 一つは、鹿せんべいに塩分が含まれている可能性 
一つは、公園のどこか周辺に塩分供給源がある可能性 などが考えられました。  

まず塩分不足の鹿は、消化、出産、泌乳、そして子の成長に支障が出やすくなります。 しかし、奈良公園の鹿は無事毎年出産しています。 これは、愛護会の鹿苑という保護施設に出産前に収容されて、鉱塩をもらえることで子育てに成功し塩分不足を回避出来ているのです。 しかし、妊娠していない鹿やオスジカは収容されません。 これらの鹿も全く塩分が無ければ消化に支障を来たして病気になります。実際奈良公園の鹿は病気の死亡率も高いようです。病気の原因が、塩分不足にあるのか、観光客が与える餌にあるのか議論の余地があります。  

観光客の与える餌といえば、鹿せんべい 
以前紹介した論文にも掲載しましたが、鹿せんべいは米ぬかや小麦粉から出来ており、塩分はほとんど含まれていませんでした。これをおねだりしても鹿の塩分不足は解消されないです^_^; そうなると、塩分が多い菓子類やパンくずを観光客からおねだりした方が良いということになります。 鹿から見ると、観光客は塩人間に見えているかもしれません。  
しかし、その時にビニール袋まで食べてしまえば病気になります。  

奈良県は、鹿せんべい以外の餌やり禁止にしようとしているらしいですが、参照http://fundo.jp/134311 
鹿せんべい以外の餌には塩分不足解消というメリットもあり、奈良公園の鹿は、観光客に餌をねだることで塩分を長年代々満たして来たと考えられます。  

餌やり禁止は賛成ですが、代わりに鉱塩置き場を作ることを検討する必要があるかもしれません。 鉱塩置き場を工夫することで交通事故を減らすことも可能かもしれません。 ということは、既に愛護会には伝えてあります。  

もう一つは、その他の供給源ですが、可能性は3つです  
一つは公衆トイレ 最近は改修されて入れない場所が多いですが、以前は頻繁に出入りしていた 
一つは冬にまいた凍結防止剤が公園内の池などに流れて泥を食べて満たすような光景は見ています。どの程度かはわかりません 
一つは奈良公園の外に出ていくこと、畑や堆肥場などで得ることです
その他 都会のリスなどはコンクリートを舐めて微かな塩分補給を子育て中に行っているようです。

↓以下のような時期 鹿の子模様の時期が一番塩分を必要とします
最近は外国人の観光客増えておねだり鹿には都合がいいかもしれません

塩分を最も必要とする時期に、塩分が微かに残っているようなお菓子の袋とかを呑み込むのはごく当然のことですよ

奈良のシカ、レジ袋を食べて死亡 過去4カ月で9

20190711

https://www.bbc.com/japanese/48946416