2018/05/31 22:47

エゾシカと森林植生ー越冬地における採食圧と不嗜好植物ハンゴンソウとの関わり その1-

エゾシカや本州以南のシカは、雑食のイノシシと違い森を荒らします。その一面を調査経験に基づき紹介しましょう。代表的な例は、枝葉食いや樹皮を食べてしまう樹皮食いです。樹木は、光合成産物や葉を成長させる...

2018/06/10 11:38

魔法の粉末

世界中から集めた4種類の植物のブレンド粉末を入れたジャムの瓶に、元気なマダニ成虫を放り込んでみました。元気なマダニでしたが、30分後には動きが鈍り、1時間後に死亡。理論通りブレンドして、狙い通りです。...

2018/06/08 10:31

手遅れ注意のツツガムシ

マダニもさることながら、このツツガムシも恐ろしいと思います。マダニの日本紅斑熱同様、同じくリケッチアを3%くらいのツツガムシが保有しているようです。マダニのリケッチアもそうですが、体長1㎜程度の幼虫...

2018/06/07 07:04

自己防衛

現在野外はマダニ大産卵シーズンで、毎日無数のマダニが増殖しているはずです長袖長ズボンでマダニ被害を防げると思うのは間違いです。すでに改良を何回か行ったオリジナル芳香12種配合オイルの実験段階では、全...

2018/06/02 13:33

吸血せず?

実験に使う生きた成虫マダニ入れた水槽に鹿の血を置いても反応せずだったら人も犬猫も刺さないで欲しいですね二酸化炭素に反応か

2018/06/01 20:05

忌避剤ではなく駆除薬

最近、マダニ爆発的増加シーズンに入り、犬猫の飼い主様からフロントラインを投与したのにマダニが付着しているという悲鳴を耳にしますが、フロントラインには、マダニを忌避する効果はございませんので勘違いさ...

2018/05/31 09:24

持ち込み産卵

マダニの産卵シーズンで、犬猫付着マダニの室内持込産卵が増えてます。人による持ち込みは、服に付着していたマダニが外出していない家族を刺す、赤ちゃんが被害に遭うというものが多いようです。室内で無数の幼...

2018/05/27 05:06

ティックスティック 殺ダニ棒

ディートなどの劇薬を使わず、マダニ(ティックtick)致死テスト若虫10個体開始後マダニが動揺しはじめる棒には接近できず 避けて離れるか、遠ざかることすら出来ず動き鈍る 隅や端に追いやられる 全個体が同...

2018/05/25 05:10

ハラー器官

マダニ テスト中ですYOUTUBEでPC拡大して見ないと、忌避行動分かりにくいです。前脚左右が感覚器になっています ハラー氏器官 獲物の二酸化炭素探知 ここではスティックにマダニの嫌いな成分を別途染み込ませ...

2018/05/22 05:26

鹿肉は爆発系

エゾシカはマイナス30度になる場所で越冬して、乏しい餌環境でも蓄えた脂肪を使い、4,5か月耐え抜き、凹凸斜面を駆け回る動物です。そのパワーの源は餌ですが、その結果短期間の回復で行う脂肪蓄積だけでな...

2018/05/22 02:45

実験ノート DANIARY

そろそろ始めようと思いますが、詳細は順次可能な範囲で報告します野外実践と室内実験の同時並行中 数百でも数千個体でも投入します日記⇒だにっき ダイアリー⇒ダニアリー

CWD

2018/05/21 00:25

CWD

北米、欧州からの鹿肉などの輸入は現在停止されていますhttp://www.maff.go.jp/aqs/hou/require/sub3.htmlhttp://www.maff.go.jp/aqs/hou/require/sub2.html鹿製品が輸入されているとすればニュージーランド 豪...

2018/05/20 20:24

北米渡航時も注意! 特に西南日本のA型とO型の人はマダニ対策重要

先日、日本紅斑熱について書きましたが、それを引き起こすリケッチア。その他 感染症Q熱がリケッチアです(他の感染症SFTSや脳炎はウイルス、ライム病はスピロヘータによる)。2011年、米国で、牛肉アレルギーの...

2018/05/19 10:50

巾着 色替え

エコレザー エゾシカ タンニンなめし革の巾着大サイズ 角ボタン付き染色の色替えです

2018/05/18 21:09

宮崎県 厳戒を

現時点で、SFTSウイルス感染による死亡が九州 宮崎県に集中現在致死率60%”マダニ”でことし3人目の死者http://www3.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/20180518/5060000698.html小樽 札幌地区も厳戒につき先行投入ア...

2018/05/14 20:24

渡り鳥?

最初に道南でロシアに多いマダニの脳炎ウイルスに感染した事例がありましたが、当時はロシア船やその船にいた犬に付着してたマダニ由来みたいな推測もどこかで読んだ記憶があります。それ以降は、事例報告がなく...